logo

您所在位置网站首页 > 海量文档  > 教育文化 > 教育文化

表紙-共創福祉101-富山福祉短期大学.pdf 15页

本文档一共被下载: ,您可全文免费在线阅读后下载本文档。

  • 支付并下载
  • 收藏该文档
  • 百度一下本文档
  • 修改文档简介
全屏预览

下载提示

1.本站不保证该用户上传的文档完整性,不预览、不比对内容而直接下载产生的反悔问题本站不予受理。
2.该文档所得收入(下载+内容+预览三)归上传者、原创者。
3.登录后可充值,立即自动返金币,充值渠道很便利
特别说明: 下载前务必先预览,自己验证一下是不是你要下载的文档。
  • 上传作者 qq3037445708(上传创作收益人)
  • 发布时间:2017-05-29
  • 需要金币120(10金币=人民币1元)
  • 浏览人气
  • 下载次数
  • 收藏次数
  • 文件大小:812.05 KB
下载过该文档的会员
表紙-共創福祉101-富山福祉短期大学
你可能关注的文档:
2015 10 1 43 57 法律に基づく身体拘束について ―精神科病棟の拘束を通して看護場面の身体拘束を考える端緒として― 竹田 壽子 富山福祉短期大学看護学科 ( 受稿, 受理) 2015.2.4 2015.3.18 要約 医療の中での身体拘束については、多くの人が治療のためには仕方がないと考える一方で、倫理的・道 義的な批判もある。今後、看護師が判断する看護場面の拘束についての考察が必要になると考える。先行 研究では、拘束を論ずる時に現行法として法定化されている精神保健福祉法から、拘束についての、用語 や規定が引用されている。拘束に対する規定は、現行法としては、精神保健福祉法での拘束のみであり、 現在、運用しているしくみなので、それと対照させて考えることは、合理的であると考える。しかし、そ の用い方について、疑問になる文献が散見される。適切な議論には、身体拘束に、なぜ法規定が必要か、 法規定の背景や規定に準じて運用するということの意味と、内容の理解が必要である。行動制限に対する 法制度の概念と、患者に必要な拘束場面を、具体化して論じなければ、適切な議論は成り立たない。この 論考では、身体拘束に対する法制定の根拠を確認し、具体的運用の現状を明確にすることで、特に看護師 が判断する拘束について、考える端緒となることを目的としている。 キーワード:身体拘束最小化、精神保健指定医、精神保健福祉法、法的手続き、看護師判断、       憲法第 31 条、身体拘束、行動制限 1.はじめに 生まれた法律である。自由と平等は、国民の権利 そもそも、人の自由を奪う行為は、何人にも行 として位置付けられ、手続きなしには、人の自由 うことは許されない。医療の中でも決して例外で を奪うところの隔離や拘束などはできないとして はない。憲法にもうたわれている自由の権利と平 いる。 等の考えから、医療における拘束への批判も表出 そうした理念を前提に、精神科医療では治療の されるものと考える。看護場面での拘束を、納得 目的で、ある状況下においてのみ特別に許された いく理論に基づき実施していくためには、適切で 「人から自由を奪う」隔離・拘束が、法律に基づ 丁寧な議論を要する。理論的背景が共有され、身 いて認められている。精神保健福祉法において、 体拘束の目的と看護の専門性を明確にして、場面 精神科病院における病院長に許された拘束につい に即した議論を深めていく必要がある。 ての36 条と37 条の内容がそれにあたる。 その意味で、先行研究に見られる「精神保健及 本稿は、看護が関わる場面における身体拘束を び精神障害者福祉に関する法律」(以下、精神保 正しく理解し、目的に即した拘束について考える 健福祉法と略す)の不適切な引用を考察し、精 ことを目標にしている。先行研究では、拘束を論 神科医療の中での法規定誕生を遡及して理解する ずる時に、現行法として法定化されている精神保 と同時に、現在、施行されてい

发表评论

请自觉遵守互联网相关的政策法规,严禁发布色情、暴力、反动的言论。
用户名: 验证码: 点击我更换图片

“原创力文档”前称为“文档投稿赚钱网”,本站为“文档C2C交易模式”,即用户上传的文档直接卖给(下载)用户,本站只是中间服务平台,本站所有文档下载所得的收益归上传人(含作者)所有【成交的100%(原创)】。原创力文档是网络服务平台方,若您的权利被侵害,侵权客服QQ:3005833200 电话:19940600175 欢迎举报,上传者QQ群:784321556